denio-blog

日常で感じたことを書いていきます

子育てに効くマインドフルネス

こんにちは。

 

デニおパパです。

 

今日は最近読んだ「子育てに効くマインドフルネス」について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

この本を読もうと思ったのはマインドフルネスってなんだ?の疑問から始まりました。

言葉は聞いたことがあったのですが、実際にどんな内容なのか、どんなことをしているのかわからなかったため、購入して読んでみました。

 

 

マインドフルネスとは

「今、ここで起きていることに注意を向け、さらにそれに対して評価を加えずに受け入れる状態」のことをマインドフルネスといいます。

 

マインドフルネスはネガティブな感情をなくそうとはせず、受け入れること。ネガティブな感情は、抑え込もうとすればするほど苦痛を強めてしまうからです。

 

苦悩から解放されるための心の在り方として、「今この瞬間の現実につねに気づきを向け、その現実をありのまま知覚して、それに対する思考や感情にはとらわれないこと」とあります。

 

心ここにあらずの状態

心ここにあらずという言葉がありますが、大人は常に何か考えていますよね。

子どもと遊んでいても「今日の夕飯なににしよう?」とか、次にやらなければいけないことを考えてしまいますよね。

 

ですが、子どもは今が楽しいか楽しくないか、常に今ここで起きていることに注意を向けています。

 

この目線の違いを感じたことはないでしょうか?

 

自分の例で言うと、子どもと遊んでいてが違うことを考えていたりすると「パパ聞いてる!」と言われたりすることあります。

 

子どもは、今遊んでいることに集中してほしいのにパパの心がここにないことを感じているのだと思いました。

 

「心ここにあらずではなく、心を込めたときを過ごしてみる。」

この状態になれたら一番いいですよね。

 

 

マインドフルネス子育て

重要な2つの気づき

1.子どもの心に気づくこと

まずは、目の前にいる子どもがなぜ、そのような行動をしているのか無心で観察する。

楽しいからか、不快なのか、愛情を欲しがっているのか注目してほしいのか。子どもの行動は様々な心を表現しています。

 

これを感じるときは多々ありますね。駄々をこねているときや、抱っこしてと言ってくるとき、出来たと作ったものを持ってくるときなど、その時によって感情は様々ですよね。

重要なことは、子どもが求めていることに気づいてあげれることだと思います。

 

2.自分の心に気づくこと

まずは、自分がどんな気持ちを感じているかということに気付くこと。 

「自分は怒りを感じていた」とか「緊張していた」とか、自分の身体感覚に注意を向けて自分の感情に気づくことからスタートする。

「自分が何を感じているかに気づく力」が鍛えられると感情的に反応することが減っていくようになる。

 

これは自分自身で実践していきたいですね。感情的に反応してしまってはいけないとブレーキをかけられるようになりたいです。

 

キレることで約束を守られせる

子どもが約束を守らなかったときに親がキレて約束を守らせた場合どのようなことが起こるのか?

キレて約束を守らせるのは有効に見えますが、子どもはその際に何を学習するのか。

それは、「約束を守ることが大事なんだ」ではなく、「親がキレたときは言うことを聞けばよい」と学習する。

親からみれば言うことを聞いてくれたと思いこんでしまい、このパターンは繰り替えされてしまいます。キレて言うことを聞かせる反応は本当の意味では効果がないこと親自身が気づくことが、子どもの反応を変えられる第一歩となります。

 

 

まとめ

以上は自分が大切だ感じたマインド部分の一部を抜き出して書いてみました。

この他にも呼吸方法や子どもに行う実践方法など様々なことが書かれています。

 

マインドの部分は実践できるようになれば、「子どもの反応も変わるかなぁ」と思って書いてみました。

 

実際に読んでみて、本当に親が変わらなければいけないことを感じました。

できていないことが多くあって少しへこみましたが、裏を返せばまだまだ自分が変われることが多くあるということですよね。

 

参考になれば幸いです。

 

参考著書↓↓

 

 

親が変われば子どもも変わる

こんにちは。

 

デニおパパです。

 

今日は、最近感じた親が変われば子供も変わる経験をしたことについて書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

子どもの要求を理解する

最近うちの子はかなりの暴れん坊です。モノを投げたり、嫌だと言って駄々をこねたりと去年とは比べものにならないくらいパワーアップしています。

 

f:id:denio-blog:20210120172304p:plain

その中でわがままな要求がかなりエスカレートしてきたように感じました。

 

最初のうちは「すべてやりたいのか」と思っていましたが、その要求が”わがまま”で言っているのか”本当にやりたい”から言っているのかを理解して見極める必要があるように感じました。

 

子どものいいなりになっていた

子どもの要求に対していいなりになっていました。

子どもの心理からすると「言えば何でもやってくれる」と思っていたように感じます。

 

要求もエスカレートして、できないと断ると「なんでやってくれないんだ」とかなり駄々をこねていて、早く鎮めたいと思って要求に対して対処していました。

 

駄々をこねる→断る→さらに駄々をこね始める→鎮めようと対処してしまう

 

この悪循環こそが、要求がエスカレートしていく結果でした。

 

 

この状況を変えるために

シンプルに心の持ち方を変えるしかないと思いましたが、すぐに変えるは難しいです。

人のココロを変えるにはキッカケが必要です。

 

気を強く持つことが大切だと分かっていましたが、なかなか行動することができませんでした。

 

ベテラン保育士さんの助言

そんな状況をベテランの保育士の方に相談いたしました。

「保育園ではしっかりとお姉ちゃんで身の回りのことは何でもできてますよ」と言われました。

これは嬉しかったですが、家では「やりたくない」と頑として聞かずに苦労していることを相談しました。

すると、

 

「親のほうが上なんだからしっかりしなさい」

 

と助言をいただきました。

 

この言葉で何かが吹っ切れました。

今までいいなりになりすぎていて、子どもの要求に対して対処しすぎていたことを反省しました。

 

わがままな要求に対して 

子どもの要求に対しては、全て聞き入れなくても良いと心得るようにしました。

わがままで言っている要求に対して、言いなりにならずにじっと耐える

これを繰り返しました。

 

すると、子どもが泣き疲れて駄々をこねるのをやめたり、やってくれないんだと理解して諦めるようになっていきました。

 

 

子どもが変わった

わがままなことに対して言いなりにならずにじっと耐えた結果、うちの子は諦めることができるようになったり、我を忘れて駄々をこねた後に、「ごめんね」と謝るようになってくれました。

 

今までは要求を断ったりしたら、すぐに抱っこしてと言ったりあれやってこれやってと激しく駄々をこねていましたが、そのようなことも少なくなり「お姉ちゃんになってきたな」と感じています。

 

親が変わらなければいけなかった

子どものわがままに対して、そのうちお姉ちゃんになって変わってくれるだろうと思っていましたが、そんなことはなく要求がエスカレートしていったのが現状でした。

 

どこかで「子どもが変わってくれれば」と思っていたのが反省でした。

 

まず変わるべきだったのは、親のココロの持ち方であり、行動することだと気づくべきでした。

 

待っていても相手は変わりませんよね。そのことをあたらめて感じました。

 

 

まとめ

今回はわががままな要求に対していいなりにならずに、強い気持ちをもって対応することで、子どもが変わったことや、子どもが変わるためには、まず親の気持ちを変えて行動することが大切だと感じたことを書きました。

 

子育てを通じて、親も子どもと一緒に成長していることを感じます。

 

自分の体験を読んで何かが変わるキッカケとなっていただける方がいたら幸いです。

 

経験談などをありましたら、お聞かせいただけたら嬉しいです。今後の参考にいたします。

 

 

繋がりを大切にする

こんにちは。

 

デニおパパです。

 

本日は、繋がりを大切にすることや今感じていることなどを書いていこうと思います。

 

f:id:denio-blog:20210124092747p:plain


 

 

 

 

 

 

 

繋がりを大切にすること

自分は、今繋がっている方たちを大切にしていきたいと思っています。

このご時世で人に会うことを制限されたり、親族でさえ会うことが難しい状況となっています。

 

そのため、あらためて”繋がりを大切にしたい”と感じるようになりました。

 

学生のころは、学校にいけば友達がいましたし、社会人になって職場には上司や同僚、部下がいて繋がりを感じられる場所があります。 

 

結婚して家族ができて、家庭は繋がりを一番感じる場所です。家族時間は本当に大切にしています。

 

もっと繋がりを広げて大切にできる仲間のような存在を増やしていきたいと考えるようになっていったので、自分が始めたことを書いていこうと思います。

 

 

繋がり広げるために始めたこと

読書を始めた

読書を通じて、自分の知識量を増やすだけでなく、話題を広げることもできると感じました。

 

本を読んで、雑談のように話すことを心がけ、話のタネとしてこんな本を読んだとかこの本を読んでこのように感じたとか話すようにしています。

 

職場で自己啓発の本の話しをしてもあまり相手が興味がなそうなのは、自分の話し方や伝え方が下手なので、話しをする際は気を付けるようにしています(笑)

 

 

 

ブログを始めた

ブログを通じて他の方と繋がれると思い、書くことや読むことを始めました。 

 

自分が書いた記事について、読んだ方がどのように感じるのか、はたまた誰も読んでくれないのかなど、様々な不安はありました。

 

最近は、書いた記事を読んでくださる方がいるので大変励みになっています。妻も、読みやすなどの反応してくれているので嬉しく思っています。

 

ブログを書くことを通じての繋がりや、自分の書いたブログへの反応をいただいたときに本当に嬉しく思っています。

また、他の方が書いた記事などは参考にしています。

 

これからも、ブログは自分なりのペースで続けていきたいと思います。

 

Twitterを始めた

今年の元旦からスタートして、毎朝1ツイートすることを継続しています。

最近は自分のツイートに対して反応をもらえることがあり、繋がりを感じられるようになってきました。これは大変嬉しく思っています。

 

他にもTwitterを始めて、朝に活動さてれている方がたくさんいることを知りました。この方たちを見習って継続していけるように、自分も心掛けています。

 

継続することについて一人では難しいですが、この方たちを見習うことで自分も頑張れています。ですので、積極的にコミュニケーションを図っていきたいと思っています。

 

 

まとめ

今回は繋がりを広げるために自分が始めたことをまとめてみました。

・読書を始めた

・ブログを始めた

Twitterを始めた

 

自分の中の話題性を広げることができたり、ブログを通じて反応があったときの嬉しさを感じられたり、ツイートに対する反応があったときは頑張ろうと思えることなどを書きました。

 

繋がりを感じることで頑張れることや励まされることがあります。様々な活動を通じて繋がれた方たちを、今後も大切にしていきたいと思います。

 

 

相手の気持ちを考える

こんにちは。

 

デニおパパです。

 

本日は、相手の気持ちを考えることについて書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

相手の気持ちを考える

子育ての悩みについて妻の相談を受けたり、仕事で相談を受けている中で、作業面や行動だけではなく、”気持ち”の部分を考えることが一層多くなりました。最近自分が感じたことや反省点などをまとめました。

 

 

今何を思っているのだろうか

これについては、一番考えることが多くなった気がします。

 

仕事で相談される内容について、作業的な内容の相談なのか不安を取り除いてほしい相談なのか人の相談内容に応じて考えるようにしています。

 

f:id:denio-blog:20210120172156p:plain

f:id:denio-blog:20210120172232p:plain


最近は作業内容の相談と心理的な不安を取り除いてほしい相談と、人が相談する場合は、両方があるように感じるようになりました。

 

今までは作業的な内容の変更などを考えることが多くありましたが、それだけではなく心理的な不安もあるのかもしれないと考えるようになり、相談相手の不安な部分を感じ取り、それを和らげるような返答の仕方をするように試みたところ、相手の反応が変わってきたように感じます。

 

 

妻に相談されること

妻の相談も内面を考えるようにします!!

妻が「どうしたほうが良いか」と相談してきた内容の心理には、同調してほしいとか安心したいという気持ちがあるように感じます。ですので、自分はなるべく否定しないようにしています。

 

妻に「こういう風にしてみたらいんじゃないか」とアドバイスをすることがありますが、それが否定的に聞こえてしまったり、時には否定するようなことを言ってしまったりしているので、そこは自分自信が反省しなければなりません。

 

楽になってほしくてアドバイスしているのに結果的に悩ませてしまってはアドバイスの意味がなくなってしまうので、伝え方に注意して妻の不安を少しでも和らげるようにしていきたいと思います。

 

 

子ども気持ち

最近うちの子は癇癪を起こすようようになりました。モノを投げたり何かと嫌がって泣き叫んだりと、その時によって行動は様々です。

一度癇癪を起こすと少しの間はおさまらないので大変です。

 

f:id:denio-blog:20210120172304p:plain

癇癪を起こす行動みて感じたことですが、自分の気持ちをうまく伝えられないときや思い通りにいかなかったときに起きているように感じます。

 

子どもの気持ちになって考えてみると「なぜわかってくれないないんだ」と言って暴れたり泣いているように見えたので、その気持ちを取り除くように抱っこをして、「大丈夫だよ」とか「言いたいことが出てこなかったんだよね」と言い聞かせてみたところ、癇癪がおさまったこともありました。

 

子どもは、自分の気持ちをわかってもらえなかったときに安心感を得ることができず、暴れたり泣きわめいたりしているんだなと改めて感じました。

 

癇癪を起こすのも自分のことをわかってもらたいたい行動のように感じたので、否定したり怒ったりしないようにしています。

 

 

まとめ

今日は、相手の気持ちを考えることについて自分が感じたことや反省点を書いてみました。

・今何を思っているのか

・妻に相談されること

・こどもの気持ち

 

自分は、この3点についてどれも自分目線で考えてしまうことが多く、うまくいかないことが多々あります。

うまくいくようにするには、自分自信が変わらなければいけないと感じています。相手の立場になって考えることはすごく大切だと日々感じています。

 

他に良いアドバイスなどありましたら教えていただけるとありがたいです。

今後の参考にしていきたいと思います。

 

娘が表現することについて感じたこと

こんにちは。

 

デニおパパです。

 

本日は娘が表現していることについて、感じたことを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

娘が表現していることについて感じたこと

自分は何かと人前で表現することが苦手です。仕事でも何かを発表したり、プレゼンや研修を行うことが得意ではありません。

 

娘はそんなふうになってほしくないので、やっていることやその過程をめちゃくちゃほめるようにすることで、自信ももってもらいたいと感じています。

 

恥ずかしがる

家族で外食をしていたときのことですが、娘は自分でこれが食べたいと指をさして教えてくれました。これについてはものすごく成長を感じてうれしかったのですが、「店員さんに自分で言える?」と聞いたら、それは恥ずかしいから嫌だとのこと。

 

恥ずかしがることについてわからなくもないですが、これは今後のための訓練だと思い「店員さんに自分から言ってみようか」と娘に言いました。うなずいて「やる」と言ってくれましたが、店員さんが来たときはもじもじして恥ずかしがってしまって、言い出すことができませんでした。

f:id:denio-blog:20210117183003p:plain

恥ずかしい


 

言うことが恥ずかしいという気持ちは自分も痛いほどわかります。自分も人前で何かを伝えたりすることは苦手です。

 

恥ずかしい気持ちを克服してもらいたいと思い、娘には練習させようと思いました。

外食だけでなく、家族以外の身内で慣れていくように練習が必要と感じます。これについては実践中です。

 

 

ほめるとにかくほめる

娘に自信をつけてもらいたいので、「パパ見て」と言って自慢げに何かを見せてきたときは、ほめちぎっています。

 

f:id:denio-blog:20210117182853p:plain

子どもの積み木遊び

「すいご!よくできたね!」とか「それどうやって作ったの?」とかオーバーすぎるくらいリアクションを取っている気がします(笑)

自分が仕事から帰ってきて「パパ見て!」なんて見せてきたものは、もうほめちぎりすぎて逆に嫌がられてます(笑)

 

娘が自慢げに表現していることは、ほめることで自信がついていると感じています。

 

 

娘の一人舞台を見守る

最近は見たことを真似するようになってきたので、それを自分たちに見せてくることも多くなりました。恥ずかしがって途中でやめてしまうこともありますが、最近は、「パパとママ見て」と言って自分から見せてきます。

  

真似していることを家族に見せることは良い練習だと思っています。ですので、娘が自分たちに向けて歌を歌ったり、踊りを見せてくれているときは、2人して娘のやっていることを見ています。できるようになったことを自慢げにやっているときは本当にかわいく感じています。

 

夢中で何かをやっているときは本当に楽しそうです。こちらも自然と笑顔にさせてくれます。

  

 

まとめ 

娘の表現することや人前で何かをする練習場所として、家庭はすごく大事な場所であると感じています。

家族の前で練習して自信をつけて、他の人の前でも表現できるようになってほしいと願っています。

 

娘と一緒にいるときは大変なことも多いですが、このような場面を見守っているときは大変だという気持ちが吹き飛んでしまうくらい、かわいいと感じます。

 

評価することにとらわれない

こんにちは。

 

デニおパパです。

 

今日は、評価について書いていきたいと思います。

 

 

目次

 

 

評価について

生活をしている中で必ずと言っていいほど評価することはあります。

ですが、評価することによって、いい面もあれば悪い面もあります。

そのことについて、実体験に基づいて書いていきます。

 

評価しているからイライラするのか

評価するということはどういうことなのか。

ただいま子育て真っ最中の自分に置き換えて考えてみました。

 

自分はけっこう子供の行動についてイライラしてしまうことがあります。

これは、反省しなければいけません。

 

イライラの原因は何なのか?

イライラの原因を考えることが多かったので、自分なりに調べてみました。

 

自分には、広げなければいけない”べき”の領域があると過去の記事で紹介しました。

↓ アンガーマネージメントの記事

 

denio-blog.hatenablog.com

 

今回は”べき”ではなく、視点を変えて”良し悪し”の型にはめて考えているからイライラしてしまうのではないかと考えてみました。

 

 

良し悪しで考えてしまう

子どもの行いについて、物事に関する善悪を教えることは当然必要です。

ですが、聞き分けが良い・悪い、勉強ができる・できないなどのように考えてしまうと、悪い方やできない方となった場合に「なんで言うことを聞いてくれないのか」とイライラしてしまったり、「自分の育て方が悪かったのかなぁ」などネガティブな感情になりやすいです。

 

自分の娘は3歳ですが、全くと言っていいほど言うことを聞きません(笑)

3歳なので聞き分けなどという言葉はわかりませんが、自分は少し前まで「聞き分けが悪い」と思ってイライラしてしまうことが多々ありました。

 

魔の2歳と言われる時期が終わり、イヤイヤ期は終わりを迎えたかと思います。

ですが、言葉を覚えてきて、露骨にこちらが言ったことをやりたがらず、嫌だと言って逃げたりします。やらなければいけないことをやらないときは、「本当に聞き分けが悪いな」と思ってイライラしていました。

 

「聞き分けがよかったらこんなにイライラすることは無かったのに」とか、「聞き分けが悪いからイライラしてしまうんだ」と、負の感情を子供にぶつけてしまいそうになることもしばしばありました。

 

イライラを解消するために

イライラしている自分が嫌で、原因として考えられる「良し悪しで考えること」をやめようと思いました。

 

自分は良し悪しなどの評価で考えるのではなく、子供の行動や言動を理解しようと考えるようにしました。

すると自分の中で何かが変わったように、より一層子どもがかわいく見え始めました。

 

聞き分けが悪いのではなく、何がそんなにこの子の中で嫌なのか、嫌だということを洋服を投げたりして表現していること。見方を変えたら、子どもなりにやりたくないということを全力でアピールしているんだなと気づきました。

 

このやりたくないアピールがまたかわいくて、自分が考え方や見方を変えてからは、より一層かわいくて見えて仕方ありません(笑)

 

 

まとめ

今回は自分が経験した、「良い悪い」で評価をしてしまっていたために、悪い方に考えた場合は「自分の育て方が悪かった」とネガティブな感情になりやすいのと、言うことを聞かないときにイライラしてしまったことを紹介しました。

考え方や見方を変えたことで、感情の変化や見え方の違いに気づくことができました。

 

良い悪いという評価で見るだけではなく、時には評価しないで受け入れることも大切だと感じました。

 

まだまだ子供から学ばせてもらっていると反省することが多いです。

子どもと一緒に親も成長していきたいと感じています。

3歳の娘への魔法の言葉

こんにちは。

 

デニおパパです。

 

本日は、自分が娘に言っている言葉について書いていこうと思います。

 

 

目次

 

 

 

 

 

魔法の言葉

自分が使っていて、効果があった言葉を2つほどご紹介したいと思います。

 

 

 

大丈夫!!

先日、娘と遊んでいたときに、娘が転んでしまったことがありました。

よく見ると、血がにじむ程度にひざをすりむいていました。

 

遊び終わって帰宅し、入浴前。

 

お風呂に入ろうとすると娘が、

ヒザのところが痛いからお風呂に入りたくない(´;ω;`)

 

そう言って泣き始めました。

 

これには自分も困り果てました。泣いて「入りたくない」と言い出したら聞く耳を持ちません。

 

傷にしみるとわかっているのにわざわざお風呂に行きたくないですよね。

自分も子供の頃はひざなどをよくけがしていて、お風呂に入るときにしみて痛かったので、お風呂に入りたくないという気持ちはよくわかります。

 

痛いからお風呂に入りたくないという気持ちを解消すべく、「大丈夫」と言い聞かせて自信を持たせるようにしました。

 

「大丈夫」と言ってもすぐになだめることはできないので、娘が経験したことのある過去の成功例(時間がたって痛いのが治ったこと)などを引き合いに出して、自信を持たせるようにしました。

 

その後、なんとか泣き止んで浴槽に入りました。

すると、娘はしばらく傷口とにらめっこしていました。その間、自分は声をかけないで見守りました。

 

なぜかというと、何かを考えている時間なのかもしれないと思ったので、待つことにしました。

 

すると娘は自慢げに自分に言いました。

お風呂入れた! もう痛くないよ!

 

この言葉を自分は、待っていました。

自分はそのあと娘に「もう大丈夫だね」と言いました。

 

自分がお風呂に入る前に、「大丈夫」と言ってなんとか入ることができたので、そのあとは娘が自分でどうにかできると思っていたからです。

 

こちらからあれこれ言って探るよりも、自分に言ってきた言葉が本当に感じたことだと思ったので、それを聞きたかったのです。

 

さっきまであんなに泣きじゃくっていたのに、「もう痛くない」と湯舟に浸かっていて自信にあふれた顔を見たときは、「お姉ちゃんになったなぁ」と感じました。

 

 

一緒にやろう!!

これは、どのような場面でも効果があるように感じます。

 

例えば、今うちの子は、歯磨きを猛烈に嫌がります。

「虫歯になるよ」とか、「お友達もしっかりやっているよ」とか言っても全く聞く耳を持ちません。

言うことを聞かないので妻も自分も歯ブラシを持ってきて、一緒にやろうと促しました。

 

これは効果があり、一緒に歯磨きをやり始めました。

一緒にやりたかったのか、一緒にやろうといったことで娘はやる気を出してくれました。

 

 我が家では、お着換えのときも実践しています。

一緒にやろうと促すことで、娘が行動してくれるようになってくれるので大変助かっています。

 

 まとめ

本日は、実践している魔法の言葉で効果があった2つの言葉について書きました。

・大丈夫

・一緒にやろう

 

参考にしていただけたら幸いです。

 

すでに実践済みの方もいらっしゃると思いますので、その方は自分に「こんなことを言ったら効果があった」とか、「このようにしたら効果があった」とかを教えていただけたらありがたいです。参考にさせていただきます。